低価格車検と整備の関係

低価格で車検を取得できるサービスが増えてきていますが、利用する際には自分の車の現状をよく考えて選ぶ必要があります。車検制度が改正されてからと言うもの、確かに低価格で取得できるチェーン店が増えてきています。これらの店舗では、基本的に車検を取得する事だけを目的としていますので、特別な故障や異常が無い場合は問題はありません、しかし走行に問題があるほどの異常や故障があった場合には、別途費用がかかりますので提示価格の通りに行く事は無いのです。ディーラーや整備工場で取得する場合は、検査に必要な点検作業の他に不具合があった場合には、修理や交換を必ずしてくれます。費用的には確かに高くなってしまうものですが、故障や安全と言う面では不安も少なく乗り続ける事ができます。この違いをどう受け止めるかで、どこで車検を取得するかが決まってきます。

整備が必要な状態の車両では、始めから費用が高くなる事が想定できますし、それであれば確実な整備をして貰えるところで取得するほうがメリットが大きくなります。クルマと言うものは、素人が簡単に理解できるものではありませんので、専門家に任せる事が最も安心できる方法です。車が古くなってきている場合には、整備箇所も当然のように多くなりますので、低価格を売りにいている所よりも安心の整備を考慮して取得先を検討するべきです。逆に車がまだ新しい場合には故障や異常が少なくなりますので、どこで受けても料金の違いに留まります。車が新しい場合に注意する事は、保証の期間内であったりクレーム対応が可能な部位での異常がある場合です。保証やクレームと言うのは、基本的に購入したディーラーでしか受ける事ができません。車が新しいからと言ってどこで取得しても必ずしも同じとはならないのです。ですから車検を取得する際には、自分の車の状態を良く理解した上で、依頼先を選ぶ必要があるのです。車検を安く済ませたいと誰もが思うはずですが、どうしても安くできない部分もあります。費用の中でも大きな割合を占めているのが、法定費用と呼ばれるものです。税金や自賠責保険などが法定費用の内訳ですが、必ず納める必要があるものです。

法定費用の性質上値引きはできませんので、低価格の仕組みは法定費用を除いた工賃と言うことになります。工賃には、ディーラーなり整備工場なりで料金が多少異なります。この工賃の部分が低価格車検の仕組みになります。どの方法で取得するにしても、車の状態により選択方法が違ってきますので、まずは自分の車の状態を把握する事から始めなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*